リブ&リブBlog

シニア(1人暮らし高齢者)と大学生の世代間ホームシェア(異世代同居)を推進します


コメントする

子供部屋は存続?処分?

先日、家族社会学が専門であられる久保田裕之先生とお会いしてきました。

久保田先生はシェアハウス/ルームシェアなど、家族ではない他人との共同生活実践に関する研究を行っている方で、ホームシェアに関しても応援してくださっています。

お話の中で印象的だったトピッックスは、「子供部屋」に関するアングロサクソン民族と日本人の考え方の違いです。

アングロサクソン民族には18歳になると子供は家を出る慣習があります。このことはご存知の方も多いと思いますが、それが意味することは「子供部屋の処分」だというところまで考えると面白くなります。家を出る際に、子供は自分の部屋の荷物を処分(ガレッジセールなどで)もしくは屋根裏に片付けて、部屋自体の処分も行うというのです。

翻って、日本人には18歳で家を出る慣習はありません。そしていずれかのタイミングで子供が家を出ることになっても、それは「子供部屋の処分」を伴わないことが多いのではないでしょうか。これには子供の思い出を残すという意味合いがありますし、そもそも子供の荷物を処分するのにもお金がかかるということもあります。

子供が巣立っても、家の「空いたスペース」が、実は「空きスペース」になっていないという状況が日本にはあるようです。アングロサクソン民族と日本人、「子供部屋のあり方」一つをとっても、大きな違いがあるのだなと思いました。

ホームシェアを普及する立場から言えば、(もちろん前向きな意味での)「子供部屋の処分」が慣習的に行われる社会の方がホームシェアを普及しやすいということはあります。
しかし、子供部屋が空きスペースになればホームシェアが普及するのかというとそう簡単なものではなく、結局、家に関する価値観、家族間での関係性、このようなものと密接に絡まりながらホームシェアがその社会に根付くかが決まるのだと思います。

ホームシェアを考えることは、家族のあり方を考えることに繋がりますね。
子供部屋にまつわる興味深いお話でした。

広告