リブ&リブBlog

シニア(1人暮らし高齢者)と大学生の世代間ホームシェア(異世代同居)を推進します


コメントする

「ホームシェア」北海道生協連が事業化検討へ

北海道新聞20151231

新年あけましておめでとうございます。
昨年の大晦日の日、北海道新聞で代表石橋の活動が紹介されました。

高齢者宅の空き部屋を若者が借りて、高齢者と共同生活をする「世代間交流ホームシェア」が注目を集めている。北海道では除雪の負担も減らせるとして北海道生協連が2016年の事業化を検討する。

リブ&リブは活動の拠点が首都圏になるので、こういった形で地方でのホームシェア実施のお役に立てることは非常に嬉しいことです。実施にあたり参考になりそうな事例やノウハウは、それこそ「シェア」し合えることが理想です。

私達リブ&リブ自身も、先行事例であるスペインやフランスのNPOを視察したり、ノウハウをシェアしてもらったりしながら、活動を続けることができました。

高齢社会はまったなしです。

北海道だけではなく、他の地域の自治体関係の方からも関心の声は寄せられています。
同志達と助け合いながら、ホームシェアという、21世紀のひとつの住まい方・暮らし方の普及に努めていきたいと思います。

広告