リブ&リブBlog

シニア(1人暮らし高齢者)と大学生の世代間ホームシェア(異世代同居)を推進します


コメントする

NHK「金曜イチから」「あしたも晴れ!人生レシピ」でリブ&リブの取り組みが紹介されました

NHKの番組で世代間ホームシェアの活動を、2週連続で紹介していただきました。

5月26日NHK総合テレビ夜7時半から 「金イチからSP: 住んでナットク!いまドキ不動産」では、新しい住まい方の例として紹介されました。
スクリーンショット 2017-06-09 11.30.56

6月2日NHK Eテレ夜8時から「あしたも晴れ!人生レシピ」の中では、テーマの「賢く節約!シェアライフ」の一つとして紹介されました。

スクリーンショット 2017-06-09 11.32.09これらには、現在実際に世代間ホームシェアを実施している二組のペアが取材に応じてくださり、日常の生活などをご紹介いただきました。

かなりの反響があり、NPOにも多くの方からメールおよびお電話をいただいております。

お子さんと一緒にご家族で見て下さった地方のお母様から「低学年の子供が、素敵だなぁ、僕も6年後に東京で、おじいちゃんと暮らしたいと未来を考えるようになりました。家族みんなが、あたたかな気持ちで、番組を見終えました。本当に感謝しています。」

また、「母子家庭に限らず、わが子が進学するために、地方から首都圏に送り出す、すべての親がこんな同居があったら素敵だな。ありがたいな。お世話になるだけでなく、わが子もおじいちゃんのために、おばあちゃんのために、役に立つことができたら・・・」

首都圏在住の方からは「私もマンションに住んでいますが、同じフロアの割と狭い空間を他人同士が快適に暮らすには、かなり気を遣ってしまいそうです。しかし彼らはそこまで特別な取り決めをすることもなく、楽しく生活できていて、良い関係が築けていると思いました。いわゆるジェネレーションギャップはもちろん双方が感じることがあるはずですが、それを上回る魅力があるからこそ、広がっていく価値があるのだとわかりました。まだまだ、世代間ホームシェアを知らない人はたくさんいるので、もっとこの活動が普及していってほしいと思います。」

皆様のメッセージに勇気百倍です。
本当に有難うございます。

広告